ごあいさつ 

「子育て支援」は大人の成長を支えることから

「心」も「体」も「役割」も大きく変化する産前産後からの数年は、最もストレスがかかる時期。
慣れないこと、知らないこと、思い込んでいることが、心のゆとりを奪う。
家族や地域にうまく頼ることができず、1人で抱え込んでしまい、苦しむ人たちがいる。
地域の活力に必要な多様性と開放性。
それらの課題を解決するため、2018年、私達は非営利型の一般社団法人暮らし育て組を設立しました。

家庭と地域が共に育つあり方を

便利になった現代では、簡単にモノやサービスで家事や育児を「済ませる」ことができるようになりました。
それと同時に大切なもの~経験すること、習熟すること、助け合うことなど~を失いつつあります。
日常の暮らしは健やかに生きるための重要な基盤。
わたしたちはゆっくり育てていけるような場と機会を作り、大人の育ちを支えたいと活動しています。
それが子どもの笑顔を支えることになるからです。
(事業内容については、トップページ等をご覧ください。基本的に子連れ参加可能。)

ゆるやかに人と関わり、多様性を大切にした家庭が育つ。
そのことでそれぞれの地域社会もまた開かれ、育つという循環を生み出します。

総面積の約6割が水田と山林という緑あふれる竜王町。
素朴な農村文化が感じられる小さな町の中に、場と機会を生み出していくことで
・不安や孤立を予防する
・関わった人の元気が、家庭や地域でさらに活かされる
・人と関わりながらより生き生きと暮らす社会をつくる

これらを実現していきます。
このような趣旨に賛同する方、および活動を支えて頂ける方を募集いたします。ぜひご一緒に!
>>ご支援のお願いページへ

一般社団法人 暮らし育て組
代表理事 木田桃子(元竜王町地域協力隊・WONDERKIDS主宰)
理事 細居たみ子(野菜ソムリエ)          
理事 吉田尚子(家族相談士・家事セラピスト・保育士)

▼目的(定款「総則」より)