「学び」を通してあたたかくつながる場
それが ひだまり学舎と名づけた思い

2015年、竜王町地域おこし協力隊*が取り組んだ「空家プロジェクト」は、再生作業を通して人々がつながり、ともに未来を考える試み。
30年間空き家だったおうちをお借りして、地域の方はじめ多くの協力が集まり、改修作業が行われました。

*地域おこし協力隊とは、都市部からの人材を新たな担い手として受け入れ、その定住と地域協力活動を通じて、地域力の維持・強化を図る制度のこと。
一般社団法人 移住・交流推進機構(JOIN)運営ページhttps://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/

雨漏りがするぽっかり空いた屋根は自分たちでは直すことができず、クラウドファンディングに挑戦しました。その後、2016年秋に「ひだまり学舎」としてオープンし、「学び」をテーマにさまざまな試行錯誤が続きました。


2018年、地域おこし協力隊の任期終了に伴い、元隊員の木田が非営利型一般社団法人 暮らし育て組を設立しました。内容をリニューアルしながら、運営を続け、地元林地区の「地域支えあい」の1つの場としても活用されています。